ホーム  >  中核市への移行

中核市への移行について

平成27年4月「中核市・越谷」誕生!!!

 

 

越谷市では、
現在「水と緑と太陽に恵まれた 人と地域が支える安全・安心・快適都市」
を将来像としたまちづくりを進めているところです。
平成27年4月1日、地域の実情にあったまちづくりをさらに進めていくため、
越谷市は事務権限の拡大が図れる「中核市」へ移行しました。
 
このページでは、越谷市の中核市移行に関する情報をお伝えします。
 
 

~中核市ってなんですか??~
規模や能力が比較的大きな都市の事務権限を強化し、
住民の身近なところで、きめ細やかな行政サービスの提供と
独自のまちづくりを展開しやすくするように地方自治法に定められた制度です。
 
 

~中核市になるとどうなりますか?~

主に、次の点が挙げられます。

 

市民サービスの向上

中核市への移行に伴い、埼玉県から越谷市へ2,000項目を超える事務が移譲されます。
従来、埼玉県が行っていた福祉・保健衛生・環境分野などの

事務権限の一部が、越谷市に移ることによってきめ細かな行政サービスを

提供できるようになります。
くわしくは、「中核市移行による効果は?」のページをご覧ください。



 

越谷市保健所の開設

中核市への移行に伴い、越谷市が独自に保健所を設置することとなります。
新たな越谷市保健所の設置により、越谷市内にお住まいの方や事業所等の皆さんは、

これまでに埼玉県の春日部保健所で行っていた届出や手続きのほとんどを

越谷市保健所で行うことができるようになります。
準備状況や保健所で行う業務については、「保健所の設置準備」のページをご覧ください。




中核市移行に関する基本方針

越谷市は、中核市への移行にあたり3つの目標を立てました。

  1. 1、埼玉を支える新たなパワーとして、県東部地域でリーダーシップを発揮します
  2. 2、「もっと安全」「もっと安心」「もっと快適」を念頭に、市民が誇れるまちを目指します
  3. 3、市立保健所の設置に伴い、保健衛生行政の拡充を図り市民の健康を守ります

くわしくは、「中核市移行に関する基本方針」のページをご覧ください。



越谷市情報ページトップに戻る

ページトップへ